【ガンプラ撮影ブースを自作してカッコいい写真を撮る方法】詳細はこちら

ガンプラ 折れた関節 真鍮線で補強・補修やってみた

その他
この記事のまとめ

ガンプラの関節修理でおなじみの「真鍮線での補強」。初めての挑戦ですが、思ったより簡単にできて、効果は絶大!

higadai
higadai

息子(2歳児)にEGガンダム(ソリッドクリアバージョン)の股関節を破壊されました・・・

ということで、ガンプラの関節補修としてはおなじみの

「真鍮線」をつかった補強・補修に初挑戦。

折れたパーツをそのまま接着しただけだとすぐにまた折れてしまいます。

接着するパーツに真鍮線を仕込んで、再度折れないように補強!

スポンサーリンク

使用した道具と手順

今回使用した道具はこちら。

  • 真鍮線(ウェーブ Cライン 1mm)
  • ピンバイス 1mm
  • 瞬間接着剤(ダイソー)
  • ラジオペンチ(真鍮線をカットするため)
higadai
higadai

手順はざっくりとこんな感じ。

関節補強補修の手順
  • 手順1
    穴をあける
  • 手順2
    真鍮線を適度な長さにカットする
  • 手順3
    真鍮線を瞬間接着剤で固定する

では、順番にそれぞれの手順を見ていきましょう。

スポンサーリンク

穴をあける

まずは補修する関節パーツにピンバイスで穴をあけます。

真鍮線でつなぐ両方のパーツにそれぞれ穴をあけます。

今回私は1mmの真鍮線を使用するので、

1mmのピンバイスを使って穴をあけました。

穴をあける時の注意点は、穴をあける位置と深さ

接着したときに位置がずれないように、

両側ともなるべく中心に穴をあけます。

正確に真ん中にあけるなら、ちゃんと印をつける必要あり。

今回は「見た目だいたい真ん中!」で穴をあけました。。。

higadai
higadai

そして、穴の深さも予め決めておきましょう。

あらかじめ真鍮線に目印をつけて、

ピンバイスで少しずつ穴をあける。

都度、印をつけた真鍮線を差し込んでみて深さを確認

穴をあけるときはとにかく「力を入れず、ゆっくり」。

ピンバイスの先を軽く当てたら、いきなりグリッと回さず、

軽く、クイックイッと細かく動かす感じでやってます。

力を入れると、ピンバイスを回すときにズレたり、

下手するとピンバイスが折れます。

まずは軽く、ゆっくり、クイックイッと細かく動かす。

穴があいてきても一気にいかないで、

一回ピンバイスを止めながらまっすぐ穴があいているか

チェックしながら進みましょう。

higadai
higadai

チェックしながら穴あけないと、まっすぐのつもりが斜めに穴があいたりします・・・。

慎重にいきましょう。

これを接着する両方のパーツで行います。

スポンサーリンク

真鍮線を適度な長さにカットする

あけた穴に真鍮線を差し込んで、適度な長さでカット。

この後長さの調整をするので、

ちょっと長めにカットしておきます。

差し込みながら、カットしてちょうどよい長さが決まったらいよいよ接着。

スポンサーリンク

真鍮線を瞬間接着剤で固定する

カットした真鍮線の片側に瞬間接着剤をしっかりつけて、穴に差し込んで接着固定。

反対側も同様に、接着固定。

パーツの隙間にもプラ用接着剤を流し込んだほうがより強固になります。

後はしっかり乾燥。

あせらず、一晩くらいしっかり乾燥させましょう。

動作確認

しっかり乾燥させたら、いよいよ動作確認。

パーツを組み立てて、もとの状態にもどします。

しっかりくっついていれば、問題なく動くはず・・・。

で、動作確認の様子がこちら。

ガッチリくっついてます!

真鍮線、すばらしい!

higadai
higadai

こんなにしっかりと補修できるとは・・・!

【まとめ】真鍮線を使った補強は簡単で予想以上!

はじめての真鍮線を使ったガンプラ関節の補強・補修。

破損した関節がシンプルな構造だったので、思ったより簡単に修復できました。

仕上がりも予想以上に頑丈、

普通に動かす分には全く問題無さそう。

大きいスケールのキットだったり、構造が複雑な箇所だったら、

こんなに簡単にはいかないかもしれませんね。

ガンプラはプラスチックキット。

劣化による破損もたびたび起こると思うので、

ぜひ、身につけておきたい技術です!

タイトルとURLをコピーしました