【HGUC百式 製造05】バックパックと武器

製造日誌

旧HGUCの組み立てもいよいよ最終回、最後はバックパックと武器類です。

では早速、組み立て開始!

スポンサーリンク

百式のバックパック

バックパックのパーツ構成はこの様になってます。

羽(バインダー)もキラキラゴールドメッキ仕様。ぬかりない。

で、組み立てるとこちら。

バインダーは可動します。

これだけでスターウォーズにでてきそうな戦闘機にも見えます。

バックパック単体でもしっかりとした存在感あります。

スポンサーリンク

武器類はシンプルなモナカ割

続いて、武器類。

ビームライフル、クレイバズーカ、ビームサーベルの3種が付属してます。

ビームライフルとクレイバズーカはモナカ割になっています。

ビームサーベルは持ち手(柄)の部分までクリアパーツ仕様。

組み上げるとこんな感じ。

ビームライフルとクレイバズーカは専用のハンドパーツで持たせます。

しかし、武器用のハンドパーツは右手用が一つだけなので、ビームライフルとクレイバズーカを両手に持たせることはできません。

武器用の専用ハンドパーツなのですが、結構ゆるいので、不安定。。。

これで旧HGUC百式ゴールドメッキバージョンは一通り組み上がりました。

すべてのパーツをレッツコンバインした姿がこちら!

見事に百式の黄金聖闘士ゴールドセイントがひとり誕生しました。

やっと全体が組み上がったので、
次回は旧HGUC百式ゴールドメッキバージョンのレビューまとめです。

タイトルとURLをコピーしました