【ガンプラ撮影ブースを自作してカッコいい写真を撮る方法】詳細はこちら

【Figure-rise Standard 仮面ライダー電王 レビュー】フィギュアーツに劣らないクオリティ

製造日誌
この記事のまとめ

仮面ライダーのプラモデルのクオリティ、ただごとではなくてビビった。

パチ組み状態でもフィギュアーツに負けないクオリティ!!

興味本位で仮面ライダーのプラモデルに手を出したヒガダイ(@gunpla_higadai)です。

前から何となく気になっていた仮面ライダーのプラモデル。

バンダイスピリッツから発売されている「Figure-rise Standard(フィギュアライズスタンダード)」シリーズ。

今や大人気の完成品フィギュア「S.H.フィギュアーツ」。

私も手元に何体か持っているので、それと比較してみたかったので試しに作ってみました。

今回作ったのは「仮面ライダー 電王 ソードフォーム」。

電王は本編をちゃんと見ていないのでよくわかっていないのですが、「俺、参上!」のポーズをちょっとやってみたかったので選びました。

higadai
higadai

作ってみてびっくり。

これ、めちゃくちゃ完成度が高いというか、クオリティが高いというか、とにかくでき良すぎ!

もはやフィギュアーツと変わらないレベル!と言いたくなるくらい。

今回は塗装なしの完全パチ組み仕上げのレビューですが、塗装したらフィギュアーツより完成度高くなるはず!

ということで、早速完成状態のレビューです。

スポンサーリンク

程よい可動範囲で、ポージングがバッチリ決まる!

まずはパチ組状態でのこの完成度の高さをじっくりとご覧ください!

全身をぐるりと一周。

電王とソードフォームと言えばおなじみのあれもバッチリ決まる!

「俺、」

「参上!!」

ソードフォームの武器「デンガッシャー」ももちろん付属。

武器を構えたポーズも自然に決まる!

「ライダーパス」とそれ専用の持ち手もついているので、

パスを構えることも、

ベルトにかざすポーズも可能!

さすが!

可動もさすがです、色んなポージングがバッチリ決まります。

「俺、参上!」を始め、劇中のアクションが再現できるすばらしさ!

higadai
higadai

気になる点があるとすれば、

  • 肩が上がらない
  • 接地がいまいち

というところ。

まずは肩について。

肩のアーマーが固定されているので、腕が水平より上には上がりません。

なので、腕を大きく上に振り上げるようなポージングはできないです。

そして、接地性。

足首の可動範囲自体がそれほど大きくなく、ガンプラのように足と地面の接地面積が大きいわけではないので接地性がよくないというか、倒れやすいです。

ただ立っているだけならそんなに問題ないのですが、脚を大きく開いたり、膝を深く曲げるようなポーズで重心が前や後ろに偏ると倒れやすいです。

その対策のためか、キットには標準で「ディスプレイ用スタンド」がついています。

では、続いて組み立て工程のレビューです。

スポンサーリンク

組み立てレビュー

組み立てについて結論から言うと、すごく組みやすいです!

  • パーツが多くない!
  • ゲートのカットがしやすい!

パーツが多くない!

組み立てがサクサク進むし、何よりランナーからパーツを切り出すのが楽!

ゲートカットが楽!

エントリーグレードでおなじみ、ニッパー無しでランナーからパーツがはずせる「タッチゲート」とまではいかないですが、なんかそれに近いような気がする。

パーツとランナーの接続部分がすごく細い感じなので、部品によってはタッチゲート並みにポロッとはずせます。

こんな感じ。

パーツがはずしやすいということは、ゲート跡がそんないに残らないので、その後の「ゲート処理」も簡単!

higadai
higadai

これは本当に組み立てやすいキット!

【ヤスリの削れすぎに注意!】
気のせいか、プラの素材がやわらかいような気がします。なので、ヤスリを当てるときは注意が必要かも。削れすぎないように要注意!気のせいかな・・・?

ボックス

まずは、箱の中身はこんな感じ。

パーツは意外と少なめですが、色分けが細かい!

これだけ色分けされいていたら、パチ組みだけでもそりゃぁかっこよくなりますね。

higadai
higadai

バンダイスピリッツの技術、恐るべし、ありがたし!

このキットは「プラットフォーム」と「ソードフォーム」を選択して組み立てることができます。

この組立レビューでは、まず「プラットフォーム」を先に組み立てていきます。

とうことで、まずは頭部の部品。

パーツは少なめで、シンプルな構造。

でも。色分けはきっちり!

組み立てるとこんな感じ。

色分けも細かいし、細部の作り込みも細かい!

頭部のレールのような模様もしっかりと作られています。

モールドが潰れていない・・・!

おまけ、首の接続部分はこんな感じ。

ボディ

ボディ部分の組み立て。

ボディ部分もパーツ構成はシンプルです。

組み上がった見た目はロボットのような雰囲気。

腰、変身ベルト

仮面ライダーと言えば「変身ベルト」!

そんな「変身ベルト」を組み立てる、腰部分です。

ベルトの中央部分のパーツは後ほど「ソードフォーム」の物をいれたいので、ひとまず空けています。

肝になる「変身ベルト」の造形もさすがにしっかりできています!

higadai
higadai

キットではシールで再現となりますが、ここはきっちり塗装して仕上げたい!

腕もパーツ構成はとてもシンプルです。

色分けきっちりなのに、パーツ数が少ないのはサクサク組めてうれしい!

脚も腕と似たような構成、最小限の分割。

脚は造形がすばらしいです。

higadai
higadai

スーツのシワ感や筋肉的な立体感も自然に再現されています。

足の裏もしっかり再現。

ブーツのソールがしっかりと彫り込まれている!

プラットフォーム

プラットフォームのパーツが一通りそろったので、ここで一旦

レッツコンバイン!

シンプルでありながら、存在感のある姿「プラットフォーム」。

まるで忍者のようなスタイル。

ここまでがプラットフォームの組み立て。

続いて、ソードフォームに必要なパーツを組み立てます。

ソードフォーム用パーツ

ソードフォーム用頭部

プラットフォームと兼用ではなく、専用の頭部がついています。

頭部中央の金色のパーツには模様がしっかりと再現されています。

背中用パーツ

肩パーツ

胸部と肩のアーマー

この肩アーマーが固定式なので、腕が水平より上にはあがりません。

組み上がったソードフォーム用パーツとプラットフォーム本体

ソードフォーム用パーツをプラットフォームの部品と組み替えることでソードフォームに変身!

それでは、

変身!

ドドン!

higadai
higadai

やっぱりこの姿のほうがしっくりくる!

武器類など

デンガッシャーの刃は2種類ついてます。

ひとつは通常の刃、もう一つは専用スタンドに取り付けて使う「俺の必殺技バージョン」。

赤い刃の部分が本体からはずれて、刃が飛んでいる状態を再現できます。

デンガッシャー専用の持ち手がついているので、しっかりとかっこよく保持できます!

その他、ポージング用の表情のある「ハンドパーツ」。

「俺、参上!」とか「ライダーパス」を持ったりなど。

スポンサーリンク

【まとめ】フィギュアーツだけが仮面ライダーじゃない!

初めて仮面ライダーのフィギュアライズスタンダードを組みましたが、これは思った以上のハイクオリティ!

フィギュアーツはものすごく注目されているし、人気もすごいけど、

こちらのプラモデルももっと評価されていいんじゃないかなぁと思いました。

もちろん、フィギュアーツは塗装済みの完成品だし、素材もプラモデルとは全然違うので、フィギュアーツに取って代わるものではないけど、

フィギュア物としての存在感や完成度ではこちらのフィギュアライズシリーズも十分満足のいくできです!

今回はパチ組みで仕上げているけど、今後塗装してバッチリ仕上げたいと思います。

本当に大満足のキットです。

今回は電王を作りましたが、あまりにも出来がよいので、他のライダーも作ってみたいです。

ということで、早速クウガを買ってしまいました。

そのレビューはまたアップしたいと思います。

higadai
higadai

マジで素晴らしいぞ、仮面ライダーフィギュアライズスタンダードシリーズ!

【編集後記】

電王と言えば、この曲!

このキットを組んでいるとき、このブログを書いているときはヘビロテ!

めちゃくちゃテンションが上がる名曲!

タイトルとURLをコピーしました